プロペシアで抜け毛が減った【メカニズムを解説します】

お医者さん上半身 爆笑問題がテレビCMしているプロペシアという薬が薄毛に効くというこをご存じの方は多いと思います。しかし、実際に服用していても、どうして効果があるのかという理由まではわからない方は多いです。


自分が飲む薬なのですから、なぜ効果があるのかメカニズムは理解しておくべきだと思います。それにどうして薄毛対策になるのか正しい情報を知っていれば、詐欺のような育毛剤にだまされることもないので安心です。


そこでこちらの記事では、プロペシアでどうして抜け毛が予防できるのかについてお伝えさせていただきます。ちなみに、私自身も『プロペシア』を個人輸入で購入して使用しています。


※こちらがプロペシアの画像です。
プロペシア1mgの画像

プロペシアで抜け毛予防ができるメカニズム

まずお伝えしておきたいのが、プロペシアというの薬の商品名だということです。そしてその中に含まれている『フィナステリド』という成分が、抜け毛予防に効果を発揮することになります。では、早速ですがそのメカニズムについてお話しをさせていただきます。

プロペシアの箱の画像


男性型脱毛症(AGA)の原因となる抜け毛は、ジヒドロテストロン(DHT)という脱毛ホルモンによって引き起こされます。そしてこのジヒドロテストロンを生み出す原因が男性ホルモンのテストステロンの増加です。つまり時系列で表すと以下のようになります。


テストステロンが増加 ⇒ ジヒドロステロン生成 ⇒ 抜け毛が増える


ここで注目していただきたいのが、男性ホルモンのテストステロンからジヒドロステロン生成までの過程です。実はこの間にもうひとつ重要なステップがあるんですね。


それがテストステロンが『5αリアクターゼという酵素』と結合して、ジヒドロステロンを生成する過程です。つまり、先ほどの時系列は以下のように書き換えることができます。


テストステロン増加 ⇒ 【テストステロンと5αリアクターゼが結合】
⇒ ジヒドロステロン生成 ⇒ 抜け毛が増える



そして、フィナステリドには5α-リアクターゼの作用を阻害する働きがあるんですね。


そのおかげで、男性ホルモンのテストステロンによりジヒドロステロンは生成されなくなるので、抜け毛が予防できることになります。しかも男性ホルモンには直接作用しませんので、性欲の低下※やホルモンバランスの変化によるうつ状態にもなりにくいメリットがある薬です。


※副作用として性欲低下は報告されていますが、自覚症状のレベルです。科学的に考えると、そのような症状が起きることは考えにくいです。副作用については以下の記事をご覧ください。

■関連記事:フィナステリドの副作用をまめてみた【プロペシアを飲む前に!】


そして気になる効果についてですが、20歳以上を対象にした日本国内の臨床試験でも、98%の人に抜け毛を予防する効果があったと報告されていますから信頼できるお薬です※。

※参考文献:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)


以上、フィナステリドを含有したプロペシアが抜け毛予防に効くメカニズムとなります。もちろんプロペシア以外にも、エフペシア、フィンペシアといったフィナステリドを含むジェネリック医薬品も効果を期待できます。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ