偏食はハゲの元~育毛のために重要な5つの食生活~

食材の画像


肉類を一切食べないベジタリアンスタイルを育毛のために推奨する方もいますが、薄毛の改善するためには肉や魚のタンパク質を摂取することも大切です。


つまり、栄養バランスのとれた食事を摂ることが薄毛治療のためには重要となります。


偏食のせいで、野菜や果物をあまり食べていない方は特に注意しくてださい。『すぐに影響は出てないし、大丈夫でしょ?』と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたが今食べている食事が栄養となり、将来の体は形成されていきますので、食生活は髪のためにとても重要となります。


それに髪のヘアサイクルは3年から5年程度です。つまり5年後には今ある髪は全て抜けて、新しい毛が生えてくることになります。それを生成するのは今あなたが自身が摂取している食事の内容が反映されることになるんですね。


ですから、普段の食事は、髪を育てるためにとても重要になっていきます。では、具体的にはどのような食事がとるのが良いのでしょうか?


実際に私が毎日の食生活で注意していることを、続いてご紹介させていただきますのでそちらをご覧ください。


育毛のために毎日の食生活で気をつけるべき5つの項目

1.生の野菜やフルーツを食べる

フルーツの画像


生の野菜やフルーツには、酵素が含まれています。この酵素というものは私たちの体が新陳代謝を行うためには必要な物です。


育毛のためには、新陳代謝をアップさせて頭皮の状態を正常に保つことが重要になりますので、ぜひ毎日食べるようにしてください。バナナは酵素も豊富で価格も安いので、私はほぼ毎日食べています。


2.油っこいものはあまり食べないようにする

揚げ物の画像


お肉、揚げ物、ラーメンといった食事には中に油がたっぷりと含まれています。このようなものを頻繁に食べることは頭皮の皮脂過剰につながるため、育毛のためにはよくありません。


できれば、油っこい食事の回数は減らして、ヘルシーなメニューを食べるようにしましょう。外食やコンビニ弁当中心の生活になると、どうしても油物が多くなりますので、自炊をして和食中心のメニューにするのがおすすめです。


3.寝酒はしない

ビールの画像


毛髪を成長させるために睡眠はとても重要な要素です。そして寝酒は深い眠りに入ることを妨げるため、育毛にとっては決してよくありません。


どうしても飲みたい場合は少量を寝る前ではなく、夕食のときに飲むようにしましょう。


4.砂糖の入ったお菓子の食べる回数を減らす

プリンの画像


砂糖を分解するためには、体内のビタミンB2とビタミンB6が必要となります。そして、これらのビタミンは皮脂過剰を抑えるためには必要な成分となりますので、不足することは厳禁です。


スイーツ類を食べる回数は極力減らしましょう。私もコンビニスイーツが好きなのですが、食べるのは週1回にしています。


5.発酵食品を食べる

納豆の画像


納豆、味噌、ヨーグルトといった発酵食品には、腸内の環境を整える作用があります。腸の機能が高まれば、代謝活動がスムーズにいきますので、体の新陳代謝が高まり毛髪が成長しやすい環境となります。


また納豆からは、エストロゲン様作用を期待できる大豆イソフラボンを摂取することができますので、髪にためにはお勧め食品です。


以上が注意していただきたい5つの食習慣となります。


どれも薄毛の進行を抑えて、新しい髪を生み出すためには重要なことになりますので守るようにしましょう。とくに毎日のように外食をしている方は、上記の5つの項目を満足できていない可能性が高いですから、気をつけてくださいね。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ