食生活で頭皮の皮脂を抑えよう【食べ過ぎ注意な3つのメニュー】

薄毛の男性の画像 頭皮の皮脂は全てなくせば良いというものではありません。その理由は脂分には保湿作用があり、頭部に潤いを与えて、乾燥することを防いでくれているからです。


しかし、あくまであっても良いのは適量の皮脂です。過剰な皮脂は頭皮に菌が発生しやすくなり、炎症を起こしやすくなる原因となりますので、抜け毛を誘発してあなたの頭を薄毛へ導きます。


では、皮脂の過剰分泌を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか?


簡単にできて効果の期待できる対策が、私たちの普段の食生活を改善することです。食べるものを気をつけていれば、皮脂が過剰に分泌される最大の原因を抑えることができます。


そこで、こちらの記事では頭皮の環境を正常に保つのために、食べすぎてはいけない食事をご紹介させていただきます。あなたの参考になれば幸いです。


食べ過ぎ注意な3つのメニュー

1.油っこいもの

肉の画像

焼肉やラーメンが好きな方は大勢いるはずです。私自身もその内の1人で、とんこつ醤油ラーメンはスープまでガッツリ飲み干したくなります。


しかし、焼肉にもラーメンにも大量の油が含まれており、当然ですがそこで摂取した油は皮脂の増加へとつながります。難しいとは思いますが、できるだけお肉中心の食生活から魚、野菜中心の移行をするようにしてください。


私の場合、夕食は好きな物を食べる代わりに、昼食にはお肉やラーメンを食べないと自分の中でルールを決めていますよ。


2.甘いもの

ケーキの画像

意外と知られていないことですが、甘い物を食べ過ぎると肌の代謝が悪くなるため皮脂が過剰に分泌されるようになります。チョコレートやケーキを毎日食べる男性は少ないかもしれませんが、注意していただきたいのが『缶コーヒー』です。


ほとんど缶コーヒーは、味を整えるために大量の砂糖を使用しています。スイーツを食べないから大丈夫と油断しないで、もう一度ご自身の食生活を振り返ってみてください。


3.アルコール全般

ビールの画像

アルコールを分解するために肝臓が働かなくてはいけないので、お酒を飲むと肝機能が低下します。肝臓がきちんと働かないと、栄養をためておくことができなくなるので、毛髪にとって良い栄養を摂取しても効果が低くなります。


そんな状態では、いくらサプリメントでノコギリヤシや亜鉛を摂っても意味がありません。せっかく摂取した髪に良い栄養を活かすために、アルコールは飲まない方が良いです。


禁酒は難しいかもしれませんが、禿げないためにはタバコと同じくやめていただきたい習慣です。どうしてもやめることができない場合、週1日は肝臓を休めるための休肝日をもうけましょう。


以上が食べ過ぎを注意をしていただきたい3つのメニューです。あなたの育毛のためにできるだけ食べるのは控えるようにしてくださいね。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ