頭皮を正しく洗うことが薄毛予防になる【5ステップシャンプー方法】

あなたはシャンプーを正しくできていますか?

シャンプーしている画像


薄毛を気にされている人の中にも育毛剤はしっかりと使ってケアをするが、シャンプーをおろそかにする方はたくさんいらっしゃいます。しかし、洗髪は育毛の中でも特に重要な要素です。


その理由は、頭を洗うことで頭皮環境を正常化して抜け毛を予防するだけでなく、マッサージ作用のよる血行促進して毛髪の成長を促す効果があるからです。


さらに、しっかりと頭皮を洗浄しておけば、入浴後に使う育毛剤も浸透しやすくなるメリットもあるので、薄毛対策のために正しい方法でシャンプーすることはとても大切となります。


そこで、こちらの記事ではシャンプー方法を5つステップに分けてご紹介させていただきます。自分は正しく洗うことができているから問題は無いと思うあなたも、念のためにチェックしてくださいね。


5ステップで実践できる正しいシャンプー方法

1.事前準備

まず事前準備として、お湯をかける前に頭皮や髪についているほこりやチリを手でサッと払いましょう。たとえ目に見えていなくても、私たちが日常生活を送っている限り、ほこりは付着していますので実施してください。


特に髪が長い人はショートヘアーの方よりも、ほこりが付きやすいですから忘れないようにしましょう。また長髪の人は、この事前準備の段階でブラシやくしで髪の流れを整えおくことをお勧めします。そうすることで洗浄がしやすくなりますよ。


2.お湯で頭皮全体を濡らす

続いて、40度程度のぬるま湯で頭皮全体を濡らしてください。熱すぎるお湯は頭皮を傷つけることになりますから厳禁です。


この段階で頭皮をしっかりと濡らしおけば、シャンプーを使ったときの泡立ち方がまるで違ってきますので手抜きをしないで、しっかりと頭部全体にお湯がかかるようにしてください。


3.頭皮を洗う

いよいよ頭皮を洗います。まず手の平で500円玉程度の量のシャンプー剤を出してください。そして両手でをすり合わせて揉みこむようにして手の中で伸ばします。


両手の手のひら全体にシャンプーがなじんだら、頭皮を全体につけていきます。このとき指の爪を立てることは絶対にしないでください。指の腹の部分を使って、頭部全体をやさいくマッサージする感覚で生え際から後頭部にかけてじっくり洗っていきます。


こすり洗いではなく、優しく揉みこむ感覚で洗うようにしましょう。頭皮をこすってしまうと頭皮を傷つけるので絶対にやめてくださいね。頭皮全体に泡が行きわたれば完了です。


ショートヘアーの方でも、2、3のステップ合計で3分くらいの時間をかけてしっかりと洗います。


4.お湯ですすぐ

髪についた泡だけでなく、頭皮についた泡も洗い流す必要があるためじっくり時間をかけてすすぐようにしましょう。ショートヘアーの方でも、3分くらいはすすぎの必要です。


それくらいの時間をかけないとシャンプー剤を流すことはできません。頭皮にシャンプーが残ったままだと、抜け毛を引き起こす原因になりますので、すすぎは念入りにしてください。


5.リンスは使わない

さいごの5つめは注意事項になるのですが、絶対にリンスは使わないでください。その理由はリンスに含まれるモリエント成分が頭皮環境の悪化につながるからです。


リンスは髪にツヤと与えますが、育毛には全くつながりませんので注意しましょう。


以上が、5ステップシャンプー法となります。あなたの洗い方に問題は無かったですか?もし、あったのなら次にシャンプーをするときからは、改善してくださいね。


なお、使用するシャンプー剤は石鹸系やアルコール系ではなく、頭皮優しい成分のアミノ酸系シャンプーを使用するようにしましょう。


私の場合、オイルマッサージの効果も期待できるように、馬油(マーユ)が配合されたアミノ酸シャンプーのウーマを使用しています。

ウーマシャンプー本体

元々はスカルプDを使用していたのですが、成分を比較すると育毛効果を期待できるものが豊富に入っていて、価格が同じだったので乗り換えました。使い始めてから、髪のコシが増してきたので効果は感じています。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ