【喫煙者はチェック!】薄毛解消のために摂るべき抗酸化物質のまとめ

吸い殻の画像

煙草を吸い続けることで着実に薄毛が進行するので、将来ハゲたくないならすぐに止めてくださいということを以前に『喫煙が薄毛につながる3つの理由【今すぐタバコをやめて!】』でお伝えさせていただきました。


また、私が実際に禁煙に成功した方法についても『タバコをやめて薄毛を改善する【私が成功した禁煙の5ステップ】』の記事でご紹介しました。


しかし、現実問題としても何回も禁煙にチャレンジしているけども、いつも失敗してしまうという方もきっといるはずです。私自身、タバコをやめることに何度も失敗していますから、お気持ちはよくわかります。


ですが、やめられないものは仕方ないと言って何も対策をしないことは、薄毛を進行させるだけなのでよろしくはないことです。やはり何かしらの対策はしなくてはいけません。


そこで、タバコをどうしてもやめられないあなたに取り組んでいただきたいのが、『抗酸化物質』を栄養として食事やドリンクから取り入れることです。


そもそも煙草を吸うことが抜け毛につながる1つの理由は、ニコチンやタールを摂取することで体内に活性酸素が増加して、それが皮脂過剰を引き起こすからです。ですから、対策として活性酸素の働きを抑えるための栄養を補給してあげるようにしましょう。これなら、煙草をやめるよりも簡単ですよね。


具体的に体内で働く抗酸化物質を挙げると、ビタミンA、C、E、H、そして酵素の5つです。喫煙している方にとって、これらを含む食品を食べることは薄毛対策となります。では、実際にどのような食べ物にそれらの栄養が含まれているのがを続いてご紹介させいてただきますね。


抗酸化物質を多く含む食品

●ビタミンA
緑黄色野菜やレバーに多く含まれている栄養素です。
具体的には、にんじん、ホウレンソウ、バジル、卵の黄身、レバーなど。


●ビタミンC
果物や野菜全般に多く含まれている栄養素です。
レモン、イチゴ、ピーマン、ブロッコリーなど。


●ビタミンE
魚類によく含まれている栄養素です。
はまち、いわし、明太子、いくら、アーモンドなど。


●ビタミンH
さまざまな食品に含まれている栄養素です。
真イワシ、鮭、レバー、大豆、えんどう豆など。


●酵素
生の食品に含まれている物質です。
熱に弱いため、48度以上に加熱するとそのほとんどを失ってしまいます。酵素を補充するにはバナナやりんごなどフルーツを食べるのが良いでしょう。


また最近では、数十種類以上の野菜、果物、野草を熟成・発酵させて製造している酵素ドリンクが販売されていますので、そちらを利用するのも良いです。


ちなみに、こちらが私が飲んでおる酵素ドリンクの「酵水素328選」がこちら。原液で飲むとあまり美味しくありませんので、水が炭酸水で割って飲むがお勧めです。

酵水素328選の画像

以上が抗酸化物質を含む食品となります。


どうしても、タバコをやめることができないというあなたは、今回紹介した食品をしっかり食べて活性酸素の働きを抑えるようにしてくださいね。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ