【最新版】お金をかけないでデキる7つの育毛方法

育毛方法
当サイトでは外用薬・ミノキシジルと内服薬・フィナステリド、そしてサプリメントを活用した薄毛治療方法を紹介しています。これは私自身が現在進行形で、実践している内容であり、効果も実感している方法です。


ただ、育毛剤やサプリメントは使いたくないけど、将来のために髪に良いことに取り組んで起きたい人はいらっしゃるはずです。薄毛対策は早ければ早いほど高い効果を期待できますからね。


そこで、以下ではお金をかけずにできる育毛方法を紹介させて頂きます。どれも私が普段の生活で気をつけていることですので、あなたが実践していないものがありましたら、生活習慣の1つに取り入れてください。

今日から実践できる薄毛対策7項目

1.週2日・有酸素運動を実践する

ジョギング
育毛・発毛のために重要のことの1つが体内の血流をよくすることです。発毛するために毛母細胞へ栄養を届ける必要があるのですが、それは血管を通して運ばれます。そのためスムーズに血液が流れなくては、髪を生やすことが難しくなるんですね。


社会人になると仕事が忙しくて、なかなか運動する機会は減ると思いますが、運動不足は血流の低下につながります。ですから、有酸素運動を週2回は継続して行うようにしましょう。なお、私は5キロ程度のジョギングを週2日ほど実践中です。走るペースも少し息が上がる程度で構いません。


ちなみにジョギングの前は水泳に取り組んでいたのですが、プールの入場料金が値上がりしたことをきっかけにジョギングへと移行しました。有酸素運動で血行よくすることは、肩こり解消にもつながりますので、お仕事がデスクワークにも良いですよ。


2.脂っこい食事を控える

ピザ
昔から育毛業界では、『デブにはハゲが多い』ということが言われ続けています。もちろん、肥満だけが原因が薄毛になるわけではありませんが、1つの要因になっているように私も感じています。


そもそもメタボな状態というのは、必要以上の脂肪が体内に蓄積されて、悪玉ホルモンに大量に分泌されている状態です。そして、それらのホルモンの中にはPA-1のように血栓を生成し、血流の悪化を招くものあります。


そうなれば、血流が低下しますので、薄毛になるリスクも高まるんですね。ですので、太りやすい脂っこい食事はなるべく控えて、できれば和食中心の生活を送るようにしましょう。


3.夜10時から2時までに寝る

睡眠
発毛のためには体内から分泌される成長ホルモンが重要となります。このホルモンは細胞分裂を促進するために、発毛の過程である毛母細胞の分裂をサポートしてくれるんですね。


しかし、夜10時間から深夜2時の間に睡眠ができない場合、その分泌量は減少します。ですから、その4時間しっかりと眠ることが発毛につながります。


お仕事が忙しい場合、4時間全てを睡眠時間として確保することは難しいかもしれませんが、せめて0時までには布団に入り、その内の2時間は睡眠のために確保できるようにしましょう。


4.タバコをやめる

ピザ
タバコは体の健康に悪いだけではなく、髪にとっても害にしかなりません。私も友人に育毛について、アドバイスをする機会がありますが、そのときには『まず、タバコをやめましょう』ということを伝えます。そのくらい禁煙することが薄毛対策には重要です。


タバコを継続的に吸っている人の血管は収縮して、血行不良を起こしやすい状態になっています。当たり前ですが、そのような状態で毛乳頭へ十分な栄養を届けられる必要がありません。


本気で発毛に取り組みたいのでれば、今すぐ持っているタバコと灰皿を処分してください。


5.お酒を控える

アルコール
少しのアルコールはストレス解消に良いかもしれません。しかし、お酒は飲みすぎると薄毛につながる原因になりますので、できれば飲酒するのは週1回までに減らして頂きたいです。


お酒に含まれるアルコールを分解するためには、ビタミンBを大量に消費するのですが、この物質は頭皮の新陳代謝を行うためには、なくてはならない栄養です。不足をすれば髪を育てる土壌である、頭皮環境の悪化につながるため髪にとってはよくはありません。


また、お酒を飲むと睡眠の質も低下するため、発毛に重要となる成長ホルモンの分泌も邪魔されます。


ですから、お酒はできるだけ控えるようにして、もし飲むなら睡眠の質を妨げないように、寝る前ではなく夕飯時に飲むようにしましょう。


6.ドライヤーでしっかりと頭皮を乾かす

ドライヤー
男性の場合、頭を洗ったあとに中途半端なタオルドライしかせずに、しっかりと頭皮や髪を乾かさない人が非常に多いです。しかし、頭皮や髪に水分が残った状態にすると、水分が蒸発するときに頭皮の体温も奪われてしまうことになります。


体温の低下は血流の悪化につながると言われていますので、薄毛の原因になりかねません。また、雑菌が繁殖する原因にもなりますので、頭を洗ったあとはkならずドライヤーで乾かすようにしましょう。


なお、ドライヤーの熱風を長時間で高温であて続けることも、頭皮にはよくありませんので距離を少し離して利用するようにしましょう。


7.寝る前にストレッチ

寝る前のストレッチ
柔軟性を高めることは血行アップにつながると言われていますので、毎日の生活習慣の1つにストレッチ(柔軟体操)を取り入れるようにしましょう。


また、寝る前に軽くストレッチを行えば、眠りにつきやすいと言われていますので、毎晩ベッドに入る前にストレッチに取り組むことをお勧めします。それなら育毛に重要な睡眠の質も高くなるので、一石二鳥です。


以上がお金をかけずにできる7つの育毛方法になります。


どれも育毛剤やサプリ、スカルプシャンプーを活用せずとも今日から出来る方法になりますので、ぜひあなたの生活習慣に取り入れてみてくださいね。薄毛対策に取り組むのは、早ければ早いほど良いですので、できればすぐに実践しましょう。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ