世界の不思議な5大育毛方法【本当に生えるの?】

薄毛を悩む男性


育毛方法というものは、日本国内はもとより世界中にさまざまな方法があります。世界中には薄毛で悩んでいる男性がそれだけ多いという証拠でしょう。


今回の記事では、そんなさまざまな育毛方法の中からユニークだなと思うものを、厳選してご紹介させていただきます。


※注意
今回ご紹介する育毛治療方法は、当サイトで効果を認めたものではなく、参考情報として掲載しているものです。本気で育毛に取り組む場合、ミノキシジル、フィナステリドを含む発毛剤・育毛剤を使用して、生活習慣を改善することを推奨します。


世界のさまざまな育毛方法

1.牛に頭をなめてもらう

牛の画像


その名の通り、牛に頭をなめてもらうという強烈な育毛方法です。ドイツで生まれた方法なのですが、牛の唾液が薄毛治療に効果があるという言い伝えから、行われはじめたようです。


牛の唾液から菌が繁殖する危険がありますので、とてもお勧めできる方法ではないです。おそらく現在はドイツの方もこのような方法には取り組んでいないでしょう。


2.梅花鍼(ばいかしん)で頭を叩く

はりの画像


梅花鍼(ばいかしん)と呼ばれる先端に細かい鍼(はり)のついたトンカチのような道具を使い頭をポンポン叩く方法です。頭を叩く育毛方法は、日本でも20年くらい前まで盛んに行われていましたが、今ではほとんど行われていません。


頭部を叩く薄毛治療の方法が衰退していった理由は、頭皮を傷つけるため薄毛を進行させる可能性があるからです。まして鍼で刺激するなんて、考えただけでも恐ろしいです・・・。


3.マシュマロローション

マシュマロの画像


埼玉医科大学の高濱素秀名誉教授が発案した方法です。お菓子のマシュマロを材料にローションを作り、それを頭皮に塗るというものです。マシュマロのゼラチンに含まれるコラーゲンが頭皮に良いので、育毛効果を期待できるそうです。


4.どんぶりお灸

お灸の画像


勝田鍼灸整骨院・勝田研司院長が考案した方法です。どんぶりに火のついたお灸を載せ、それを頭にかぶるという方法です。血行をよくする効果はあると思いますので、毛髪の成長に少しはつながるでしょう。


ただし、やけどの危険などがある方法なので、絶対に1人でやらないうようにしてください。自宅で同じような効果を得るなら、最近話題になっている『育毛キャップ』の方が良いですね。


それなら1人でできますし、火を使わないのでお灸に比べれば安全です。



5.御髪神社でお願いする

初詣の画像


京都にある「御髪神社(みかみじんじゃ)」で、文字通り神頼みをする方法です。こちらの神社は日本で唯一の頭と髪の神社のために参拝される方は多いですし、育毛剤、発毛剤メーカーの名前が玉垣に書かれています。


以上が5つの育毛方法となります。


今回、記事を書いていてわかりましたが日本を含めて世界中には、さまざまな育毛方法があるんですね。効果についてはさだかではありませんが、それだけ薄毛に悩んでいる人が世界中に多いという証拠ですね。


なお、本記事の冒頭でもお書きしましたが、当サイトでは医学的にも効果が証明されているミノキシジルやフィナステリドを使用した育毛方法をお勧めします。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ