個人輸入でミノキシジルを買ったら家族にばれるの?【購入済み】

ロゲインの画像

私はミノキシジルを含む外に塗るタイプ育毛剤のロゲインを使用していますが、購入方法には『個人輸入』を活用しています。


ですが個人輸入と聞くと、利用するのに不安を感じる方も大勢いるはずです。


そして、不安につながる理由の1つが、『家族や配達の方に何を買ったかばれるんじゃないか?』ということでしょう。私も育毛剤を買ってるいることを奥さんにばれるのは、なんだか恥ずかしかったですから。


その点について、実際のところ家族にはバレるのでしょうか?参考のために、こちらの記事では私の体験談をお話させていただきます。


育毛剤を買ったことは家族にばれないのか?

結論から言うと、小包にはミノキシジルやロゲインの記載はありませんので、何を購入したのかわかりません。

ロゲインの梱包袋の画像



こちらが小包に貼られているラベルになりますが、品名のところに『RGN-M』と書かれてるだけです。

ロゲインのラベルの画像



RGNは、ロゲインの英語のスペル「ROGAINE」から来ているのでしょう。後ろのMには、男性用を表す「MAN」もしくは「MALE」の略だと思います※。

※ロゲインには、ミノキシジル含有率5%の男性用の他に、2%の女性用もあります。


さすがに、『RGN-M』からロゲインを購入したことは推測したことは難しいですよね。ですから、家族や配達員さんにはそれがミノキシジルが配合された発毛剤だということはわからないでしょう。


しかし、ラベルの送り人のところに海外の住所がアルファベットで表記されていますので、外国から何かを購入したことはわかります。その点がどうしても嫌だという方は、個人輸入は利用しない方が良いでしょう。


ちなみに、私の場合、初めてロゲインを購入したときには、私が留守だったので、受け取った奥さんは、「無機質な封筒状の小包みだったので、仕事の関係の物だとうなぁ」と思ったそうです。


その後、ロゲインという育毛剤ということを伝えましたが、育毛剤のことよりも個人輸入で安く買い物ができることに食いついてきたので、特に恥ずかしい思いはしなかったですね。


女性の方は、普段からお化粧品やヘアケアグッズにお金をかけているため、髪にお金をかけることに男性より抵抗がないのだと思います。おかげで今では、家族の前でも平気でロゲインを使用中です。


ちなみに私が個人輸入の際には、『オオサカ堂』というネットショップを利用しています。

オオサカ堂のキャプチャ



『オオサカ堂』は他のショップの『アイドラッグ』や『KAIGAI-DRUG』と比較して値段が安いですし、商品送付のお知らせもメールできちんとしてくださるので、安心して利用できています。何より日本語だけで注文できるので嬉しいです。

⇒ 私が利用しているオオサカ堂はコチラ


それから外用ミノキシジル系の育毛剤と併用して使用したがきたいのが、『ノコギリヤシ系のサプリ』です。私は次のページで紹介している『ボストン』を飲み続けていますが、こちらは血行を促進させるL-アルギニンも含まれていますので、ミノキシジルと相性が良いです。

⇒ ボストンのレビューと感想【自腹で購入済み】

私は毎回3個セットを購入しています


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ