フィンペシアが人気になってるけど、エフペシアとどちらが良いのか?

私が利用している個人輸入代理店オオサカ堂の売れ筋人気ランキングを先ほどチェックしたのですが、私としてはかなり驚く順位になっていました。


その私が驚いた内容とは、プロペシアのジェリック品である『フィンペシア』がランキングの3位と高順位にいたことです。ちなみに1位はプロペシア、2位はトリキュラーED(ピル)でした(※以下の画像を参照ください)。

フィンペシアのランキング

正直な話、いまだにフィンペシアが売れていることが私には信じられません。なぜなら、フィンペシアはプロペシアのジェリック品の中ではお勧めできる物ではないからです。


当サイトでもプロペシアのジェネリック品を使用する場合には、エフペシアを使用することを推奨してきました。では、なぜフィンペシアを飲むことを推奨しないのか?その理由について、続いてお伝えさせていただきます。


フィンペシアはキノリンイエローフリーが含有されている

フィンペシアの画像
それでは早速ですが、その理由についてお話します。当サイトでフィンペシアを推奨しないのは、過去に『キノリンイエロー』という発がん性物質が含まれていることが判明したからです。


『キノリンイエロー』は日本国内はもちろん、欧州でも食品に添加することは禁止となっています。フィンペシアはインドCipla社製のため、この成分が含まれていても問題なく出荷されていたんですね。


そのような危険がある物質が含まれているものは口にするべきではないというのが私の考えです。


たしかに、フィナステリドはプロペシアと同様に1mg配合されていますので、抜け毛予防の効果は期待できますが、それでガンを発症しては全く意味がありません。まず大切なのは、あなたの体が健康であることですからね。


しかし、なぜそのような育毛剤がいまだに売れ続けているのでしょうか?


1つの理由として、キノリンイエローという物質を発毛のために必要な物だと、勘違いしていらっしゃる方が多いからだと私は考えています。


『えっ、そんな人がいるの?』と思われるかもしれませんが、私もフィンペシアの使用を検討している方から、そのような質問を受けたことがあるのでいらっしゃることは事実です。


ですが、それは誤った知識ですので、この記事を読まれている方は、キノリンイエローが含まれていないものを選ぶようにしてくださいね。


プロペシアについては、その点には全く問題はありませんので安心してご使用ください。またジェネリック品でお探しの方は、エフペシアならキノリンイエローフリーですので、そちらを利用するようにしましょう。


なお、オオサカ堂での価格は次のようになります。

  • フィンペシア(お勧めできないジェネリック):2,566円
  • エフペシア(お勧めできるジェネリック):2,669円
  • プロペシア:5,546円
※シンガポール発送での2013/5/15時点での料金。値段は円安の影響を受けるため、在庫が無くなり次第、値段が上がる可能性が高いです。


価格をご覧いただければ分かるように、フィンペシアとエフペシアでわずか100円しか変わりません。わずか100円を上乗せするだけで、キノリンイエローフリーの商品が購入できるんですね。


ですので、ジェネリック品で選ばれるのでしたら、エフペシアを当サイトでは推奨します。購入先についてですが、安く手にしたいならオオサカ堂が良いでしょう。

⇒ オオサカ堂のエフペシア販売ページはこちら

※ 2013/5/20までリジンのプレゼントキャンペーンが開催されていますので、かなりお得に買い物をすることができます。かなり思い切ったキャンペーンですので、購入をされるのでしたら、今買わないともったいないです。

オオサカ堂公式サイト

※ 2014/9/20 追記
以前は郵便局留めへの対応が不可だったオオサカ堂ですが、現在は無料会員登録をすれば、郵便局留めに対応をしてくれます。ですので、お住まいに育毛関連のアイテムが届くのは嫌だったという方も利用しやすくなりました。なお、会員登録については上記のオオサカ堂の公式サイトより可能です。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ