ジェネリック医薬品って何?【発毛剤エフペシアを使う前に】

ジェネリックの画像

ジェネリック医薬品という言葉がテレビや新聞でも使われる機会が増えてきましたので、耳にしたことがある方が徐々に増えてきていると思います。しかし、実際その意味について聞かれると、正確にはわからないという方は多いです。


そこでこちらの記事では、ジェネリック医薬品の意味とそれ以外の医薬品との違いと、ジェネリックの育毛・発毛剤をご紹介させていただきます。お伝えする内容があなたの参考になれば幸いです。


ジェネリック医薬品とは?

新しい薬が販売される前には、その薬の製造するために必要なこと(薬の成分、効果など)を開発メーカーが特許登録をします。そして特許申請が認められた場合、およそ20年間は独占的に販売する権利が与えられるんですね。


しかし、その特許の有効期間(およそ20年)が過ぎると、他のメーカーがその薬と同じ成分の薬を開発できることになります。この薬のことをジェネリック医薬品と呼びます。


新しい薬を販売するためには、研究費用、臨床試験費用、開発期間の人件費など多くの費用が発生しますが、ジェネリック医薬品は、それらの費用が大幅にカットできるので、特許を取得した元の薬よりも安い価格で販売することが可能です。これが、ジェネリック品の価格が大幅に安い理由です。



どちらが人気があるのか?

悩んだ医者の画像 結論から言えば、日本国内ではジェネリックは人気がありません。理由としてはジェネリックを販売している会社が、元になる薬を販売している会社よりも、信頼面で劣ることが考えられます。


やはり薬は口にするものですから、実績のある大手メーカーの安心というのが正直な気持ちです。


私自身、ミノキシジル配合の発毛剤に関してはジェネリック品ではなく、ファイザー製薬のプロペシアを使用しています。先ほど書いたように、実績のある大手メーカー製でから安心であることと、プロペシア自体が個人輸入を活用すれば安く買えるようになったのがその理由です。


プロペシアの場合、個人輸入を利用すれば1ヶ月分がおよそ4000円代で購入できます。国内では1本1万円以上するのに成分が詐欺のような育毛剤が平気で販売されていますので、それを考えるとよっぽど良心的な価格です。

プロペシアの箱の画像


それから、ジェネリックの場合、生産ラインが整っていない場合もありますので、品薄状態になり手にできない可能性があるという不安もあります。発毛剤の場合、継続できないと効果は期待できませんから、在庫が無いから手にすることができないなんて状況になったら、意味がありませんからね。


もちろん、ジェネリックも販売されてから時間が経てその薬が浸透してくれば、品薄状態で手に入らないことも減ってくるでしょうし、市場実績も出てくるため安心して購入できるようになっていきます。


ジェネリック品に関して知っておいてほしい情報

これはぜひ知っていただきたい情報ですが、インドでは成分に関する特許が認められていません(2012年時点)。つまり特許が切れる前から、ジェネリック品が販売することができるんですね(将来的に法律はかわるかもしれませんが・・・)


そのため、インドの製薬会社シプラ社はジェネリック品の販売を積極的に進めています。ですので、シプラ社の商品のエフペシアやフィンペシアなら在庫薄で手に入らないという状況は考えにくいので、使用を検討して良いでしょう。


■エフペシア
エフペシアの薬


■フィンペシア
フィンペシア

ただし発毛のためには継続することが大事になります。ですから最終的には、あなたの予算を踏まえて継続使用ができる育毛剤を選ぶようにしてください。なお、当サイトでも予算に合わせてできる育毛剤とサプリメントなどトータルケアアイテムも紹介していますので、そちらも参考にしてください。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ