ミノキシジルの濃度が高いほど効果は期待できるのか?

リアップファイブのボトル


発毛・育毛に対して高い効果をできるミノキシジルについて、当サイトでは『基本的なこと』から『実際に使わないとわからない』ことまで、徹底的にご説明をさせていただいていますが、こちらの記事では次の内容について解説します。


ミノキシジル濃度が高いほど効果を期待できるのか?


これは、育毛剤を選ぶ際には誰しもが疑問に感じることです。例えば、大正製薬から販売されているリアップにしても、1%配合のリアップジェットと5%配合のリアップx5(ファイブ)があります。正直、これから薄毛治療を始める方にしたら、どちらを購入すれば良いかわかりませんよね?



しかし、どうせ使うのならより効果を期待できる物を使用したいです。ですので、その正解について続いてお話をさせていただきます。


ミノキシジルの濃度が高いほど生える確率は高くなるが・・・

それでは、先ほどの質問に対する答えをお伝えします。正解は『ミノキシジルの含有率が高いほど発毛効果を期待できる』です。


つまり、リアップジェットよりもリアップx5の方が発毛の確率があがることになります。


ミノキシジルは頭皮の内側にある毛細血管の血行不良を解消するために、血管を拡張させるものです。そして、その濃度が高ければ高いほど、頭皮に浸透する成分も増しますので、より高い効果を期待できることになります。


悩んだ医者の画像 しかし、気をつけなくてはいけないことも当然あります。それは濃度が高くて効果が強いということは、副作用が生じる可能性も高くなるということです※。


※ミノキシジルの副作用については、次の記事でまとめていますので購入前にご確認をお願いします。

■関連記事:ミノキシジルの副作用をまとめてみた【不安な人はチェック!】


じゃあ、一体どの程度の濃度までなら副作用の可能性は低いのでしょうか?


当サイトで推奨するのはミノキシジル5%

効果と副作用のバランスから考えて当サイトで使用を推奨するのは濃度5%の育毛剤です。具体的に言えば、以下の3つとなります。

  • ロゲイン(本家のミノキシジル配合育毛剤)
  • カークランド(ロゲインのジェネリック品)
  • リアップx5(日本国内メーカーの大正製薬が製造)

そもそも、本家のファイザー(開発当時の社名はアップジョン社)が開発したロゲインが5%配合の商品です。そしてロゲインは、臨床試験を積み重ね、市場での実績もありますから、その濃度の育毛剤を使用するべきです。


それに1%では、効果をありまり期待できないから、リアップx5という商品が販売された経緯もありますので、1%では発毛に対してあまり期待を持ないということを分かっていただけたかと思います。


なお、5%以上の商品としては、7%配合の『NR-08』や16%配合の『NR-10』がありますが、それらについては、まだ実績、安全性の面で不安がありますので、現時点では選択しない方が無難でしょう。


当サイトで推奨する組み合わせは、次のページで紹介していますので参考にしてください。

⇒ 推奨する育毛剤の組み合わせはこちらで紹介中



ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ