ミノキシジル1%のリアップでは効果が期待できないって本当?

お医者さん上半身 ミノキシジル濃度は5%の方が、高い効果を期待できる上に実績があるので、当サイトでは使用を推奨しますということを以下の記事でお伝えさせていただきました。

■関連記事:ミノキシジルの濃度が高いほど効果は期待できるのか?


そうだとしても、5%の方を使用して、頭皮が荒れたりする可能性がほんの少しでもあるんだったら、1%の方を使用したいという方もいるはずです。


ただ、1つ注意をしていただきたいのが、1%なら頭皮が炎症を起こす危険がゼロかと言えば、そうではないということです。1%品のリアップジェットだろうが、5%品のリアップx5だろうが、頭皮に炎症が起きる可能性はあります。


その確率が高いか低いかというだけの話です(この記事で後半に書いていますが、実はほとんど差はありません)。


さらに言わせていただくと、ミノキシジルを含む医薬品だけが肌荒れを起こす危険があるわけじゃありません。育毛効果を期待できるということは、植物由来であっても、血行促進に作用する成分が入っているわけですから、肌荒れの可能性は当然あります。


例えば、医薬部外品の中では、効果の期待できるもの『濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)』がありますが、ブブカが良いのはセンブリエキス、トウガラシエキス、ニンニクエキスなど成分がしっかりと入っているからです※。


※ブブカについての評価や感想は次のサイトの記事が参考になります。
⇒ 濃密育毛剤ブブカの詳細情報



むしろ、『肌荒れする可能性はありません』とうたっている育毛剤を見ると、「中身が水のような詐欺育毛剤なのかな?」と私は考えてしまいます。だから肌荒れの可能性は、あって当たり前なんです。


では話を戻しまして、1%品が効果を期待できるのかという点についての回答を続いてお伝えしますね。


ミノキシジル1%は効果は低い

リアップx5の箱の画像


結論から言えば、1%の効果は5%品と比較してかなり低いです。これは男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインにある次の記述からわかります。

国内における男性患者を対象とした1%および5%ミノキシジルの24周までのランダム化比較試験では、1%比較して5%のミノキシジルの優位な発毛効果が示され、副作用の発現率に有意差はなかった。


つまり、5%の方が1%よりも発毛したけれども、副作用に違いは無かったということです。このような結果を見ると、1%を選ぶ理由が全くなくなってしまいます。


さらに、もう一つの証拠として、ロゲインの検証試験があるのですが、その試験では2%品と5%品の効果を比較した結果、5%品の方が、2%品よりも45%も高い効果が得られたそうです。ロゲインには1%品が無いので、1%と比べることはできませんが、さらに差が付くことは明らかです。


以上のデータから判断すると、ミノキシジル1%は効果を薄いので、5%品の使うべきとハッキリ言えます。もちろん当サイトでもそちらの育毛剤を使用することを推奨しています。


ミノキシジル5%品としては、以下のものがあります。私が購入した経験のネットショップへのリンクを掲載しておきますので、よかったらチェックしてみてください。

■ロゲイン5%(ファイザー開発の本家ミノキシジル育毛剤)

⇒ ロゲインをネット割引価格を購入するならコチラ

※ 私も使用中の商品です


■リアップx5(国内開発の大正製薬の育毛剤)

⇒ リアップx5が送料無料のショップ

※ 値段が高いので、あまりお勧めできません


■カークランド(ロゲインのジェネリック品。かなり安いです)

⇒ カークランドをネット割引価格で購入するならコチラ

※コストを抑えたいなら、こちらが良いでしょう


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ