リアップx5とプロペシアを併用して副作用は大丈夫?【事前に確認】

リアップとプロペシアの画像


これからリアップx5を使おうと考えている方にとって、気になるのがプロペシアとリアップを併用しても良いのかということだと思います。


2つを一緒に使うことで、一方の効果が薄くなったり、無くなったりしては意味がありませんからね。もしくは、2つを同時に使うことで、悪い副作用が出ても困ります。


では、それらを同時に使うことに問題は無いのでしょうか?


リアップとプロペシアは一緒に使っても大丈夫です

では早速ですが、先ほどの問いに対する結論をお伝えしますね。それら2つの育毛剤は同時に使用しても大丈夫です。その理由は2つが薄毛に効く理由が全く違うからなんですね。


そして、それぞれが発毛・育毛に効果を期待できる理由は以下のように説明することができます。

リアップが薄毛に効く理由

リアップx5本体


リアップが薄毛治療に効果を期待できるのは、ミノキシジルという成分を含有しているからです。


ミノキシジルは、頭皮にぬることで、その内側にある毛細血管の幅を一時的に広げます。血管がの幅が広がれば、血液の流れはスムーズになり、血行が良くなります。


私たちの髪は毛細血管から運ばれる栄養を元にして、新しく生えて成長しますので、血流を良くすることはそれだけで育毛につながるんですね。

■関連記事:ミノキシジルが薄毛に効くたった1つの理由【なぜ効果があるの?】


プロペシアが薄毛に効く理由

プロペシアの箱の表面


プロペシアの場合、発毛ではなく生えた髪が抜けるのを予防することに働きがあります。つまり、生えた髪を抜けないようにするために使用するものです。


そして、その働きをするのが、プロペシアに含まれるフィナステリドとなります。


抜け毛予防のメカニズムについては、男性ホルモン、DHTなど少し複雑な説明が必要ですので、詳しい説明は以下の記事解説させていただきました。お時間があるときにご覧ください。

■関連記事:プロペシアで抜け毛が減った【メカニズムを解説します】


以上の点から、リアップとプロペシアのそれぞれが違う働きをすることを分かっていただけたかと思います。つまり、それら2つは、まったく別の働きをするものですから、相互に干渉をすることは無いと言えます。


ですから、両方を使うことで効果が薄くなるとか、効き目が弱くなるということもありません。むしろ、リアップは髪を生やして、育てるために、プロペシアは生えた髪を抜けないようにするために使うので、両方を活用するべきです。


私の場合、リアップは値段があまりにも高いので使用していませんが、その代わりにロゲインを使用していますので、プロペシアとロゲインの両方を育毛ために利用しています。


あなたも、薄毛治療に取り組むのでしたら、それぞれの育毛剤で目的が違いますので、両方を使用するようにしてくださいね。

⇒ 予算別の正しい育毛法はコチラ

※ 紹介している育毛法の最安値は毎月5000円の組み合わせで、発毛剤、シャンプー、サプリが使えるように考えました


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ