ミノキシジルを使い始めたら頭がかゆくて炎症が発生したけど大丈夫?

薄毛を気にする男性

ミノキシジルを使い始めたら頭がかゆくて炎症が発生!これって大丈夫なの?


「ロゲインを使い始めた途端、頭がかゆくなり始めた・・・」

「リアップを塗りはじめてから、頭皮がかぶれだしたんだけど大丈夫かな?」

「カークランドを使ってから、頭が痛くなったので鏡でみたら、真っ赤に炎症してた!」


お医者さん上半身 もし、あなたがリアップ、カークランド、ロゲインのようなミノキシジル系の育毛剤を使用していて、上記のような症状が出た場合、すぐにその育毛剤を使用することをやめてください。


なぜなら、頭皮に炎症、かぶれなどの作用が出るということは、ミノキシジルの副作用が出ている可能性が高いからです※1。


※1 ミノキシジルの副作用については次の記事で詳しく紹介しています
ミノキシジルの副作用をまとめてみた【不安な人はチェック!】


では、そのような状態になったらどうするべきなのか?


まずは専門のお医者さん(皮膚科やAGAクリニック)に診察を受けて、相談するようにしましょう。
⇒ 専門クリニックはこちらの記事で紹介しています


そして、お医者さんがOKを出さない限り、ミノキシジル系の育毛剤を使用するのは辞めた方が良いです。そのままロゲインを使い続けて、頭皮の炎症を悪化させては、抜け毛が進行することになりますし、新しい髪が育ちにくくなります。そのくらい頭皮の環境というのは大切です。


でも、ミノキシジルを使わないと薄毛が進行するんじゃないの?


たしかに、ミノキシジルは日本皮膚科学会が推奨度Aと認定している発毛剤ですので、高い効果を期待できます。しかし、先ほど書いたように、それを使うことで頭皮環境を悪化させては意味がありません。


ですから、もし皮膚に炎症やかぶれが現れたら、すぐに使用を中止してください。それに何も育毛剤はミノキシジル系だけではありません。


医薬部外品の中にも良い育毛剤はある

ミノキシジルが薄毛治療に対して、効果を期待できるのは血行不良を解消する働きがあるからです。そして、植物由来の成分にも、血行促進の作用があるものはあります。


例えば、センブリエキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキスなどです。つまり、そのような成分が豊富に含まれている育毛剤を活用すれば、血行促進の働きを期待することはできます。


もちろん、ミノキシジルと比較すると効果は落ちると考えられます。しかし、医薬部外品であれば、植物由来の成分がほとんどですから、頭皮が荒れる副作用はほぼありません。


ちなみに医薬部外品の育毛剤の中では、次のサイトで紹介されている濃密育毛剤BUBKAという育毛剤が評価できます。私も購入した経験がある育毛剤となります。含有している成分数も豊富ですし、その成分が頭皮の内側に届くように分子ナノ水も配合されている点も良いですね。

⇒ ブブカの公式サイトはこちら

濃密育毛剤ブブカの画像

⇒ ブブカのレビューと感想を紹介しているサイト

医薬部外品の中では、数少ないお勧めできる育毛剤です。全額返金保証もありますので、もし頭皮の炎症が起きて悩んでるあなたは、一度チェックしてみてくださいね。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ