リアップとプロペシアとではどちらの方が効果があるの?

リアップとプロペシア
私は20代の頃から悩んでいた薄毛を解消したこともあり、同年代の友人から育毛剤のことについて詳しく教えてくれないか?と相談される機会が増えてきています。私はもうすぐアラフォーと呼ばれる世代なのですが、この年齢になると薄毛で悩む方が増えていること、身に染みて実感中です。


そして、薄毛で悩んでいる友人達と話していると、必ずといって良いほど聞かれるのが、『リアップとプロペシアでは、どっちの方が薄毛には効くのか?』という内容の質問です。本サイトの読者さんからも似たような、質問がよく届きますので、おそらく多くのが方が気になっている内容なのだと思います。


この質問の答えについてですが、次の記事でも書いたように使う目的が違うので、どちら薄毛改善のためには必要というのが私の考えです。

⇒ フィナステリドを使えば髪は生えてくるの?【読者さまからの相談】


リアップに含まれるミノキシジルは発毛のために重要な役割を果たしますし、プロペシアに配合されているフィナステリドは生えた髪を抜けないようにするために必要となってきます。ですから2つの育毛剤を併用することが、薄毛治療のためには大切なんですね。これは、現在も変わらぬ私の考えです。


ただ、先日友人と話ていたときには、『もしどちらかの育毛剤しか使えないとしたら、もりかわならどちらを使う?』という質問をされたんですね。これは、おもしろい質問だなと思い、その場で真剣に考えてしまいました。


ちなみに私だったら、どちらかしか使えないのならプロペシアを使います。なぜなら、プロペシアは毛乳頭に存在する『Ⅱ型の5αリアクターゼ』の活動を抑制し、遺伝的抜け毛の原因とされている『ジヒドロテストステロン(DHT)』の生成を抑えるとされているからです。

プロペシア

私の場合、父も祖父も頭がツルツルの状態です。そのため、薄毛の原因の中でも、遺伝的要因が大きくなっていると予想できます。そのため、ジヒドロテストロンの発生を抑制するためのプロペシアを選びますね。それに今の私は幸いなことに、髪がある状態です。そのため発毛よりも抜け毛予防を重視したいため、そのような選択をしました。


ただ、今回のお話はあくまでも仮定の話ですので、どちらか1つだけに絞って治療をすることはお勧めしません。やはり、ミノキシジルが配合されたリアップX5やロゲインと、フィナステリドが含まれるプロぺシアは併用するべきというのが私の考えです。


なお、次の記事でも紹介しているように、リアップx5は値段の面から当サイトでは強くお勧めしていません。ミノキシジル製品の中でも、リアップよりも先に発売されているロゲインの方が安く買えますので、私はそちらを活用しています。

リアップとロゲイン
⇒ リアップx5の価格が高すぎる!安い代替え品はないの?


ミノキシジルやフィナステリドは継続することが重要ですから、あなたの予算から続けられる育毛剤を選ぶようにしてくださいね。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ