頭皮の皮脂が薄毛につながるのはウソ~そのケア方法で大丈夫?~

頭皮の脂が抜け毛の原因になるということをよく耳にしますが、それは事実なのでしょうか?結論から言うとウソも含んでいます。その理由は頭皮脂には毛髪のために大切な役割があるからです。具体的言うと、次の3点となります。

  • 頭皮から水分が蒸発して感想するのを防ぐ
  • 細菌に感染するのを予防する
  • 保湿をして頭皮に潤いを与える

つまり、皮脂というのは育毛のために必要なものなんですね。ですからケアをしすぎて取りすぎることは良くありません。例えば、1日に2回も3回も頭をシャンプーするのは明らかに行き過ぎたケアです。


シャンプーをするのは1日の終わりに1回だけすれば十分です。テレビで育毛シャンプーの宣伝を見ていると、たくさん洗髪すればするほど頭皮の脂が除去されて髪が生えてくるような印象を受けますが、そんなことは全くありません。


私たちの体は足りないものを自然に補おうとするために、皮脂を過剰に取り除けば、その分余計に脂が分泌することになります。これは先ほど挙げた3つの役割のために、脂が必要なためです。足りないものを補充しようとするのは自然な体の働きですから、脂が過剰になるのはあきらかなことですよね。


では、皮脂が過剰に分泌されることで引き起こされる問題とはどのようなものなのでしょうか?


余分な皮脂は抜け毛の原因となる

先ほどお伝えしたように、頭の洗いすぎは皮脂の増加につながります。そして、皮脂が過剰に分泌されると脂が酸化し、過酸化脂質に変化するので、それが抜け毛を引きおこす原因となるんですね。


つまり、脂を減らすために洗髪回数を増やすことは、逆に抜け毛につながります。その証拠に朝シャン(朝に頭を洗う)の文化が広まって以降、薄毛で悩む若者が明らかに増えています。


頭を洗えば洗うほど髪がフサフサになるというのは、テレビの宣伝で植えつけられた印象でしかありません。そのような情報にまどわされないようにしましょう。


頭を洗う回数は1日何回?どんなシャンプー?

先ほどは、頭を洗う回数は1日1回で十分です。しかし、使うシャンプー剤にはこだわるようにしてください。その理由は洗髪は頭皮の環境を整えるために重要な要因だからです。


シャンプーは大きく分けて、石鹸系、アミノ酸系、アルコール系の3種類ありますが、これらの中からアミノ酸系を選ぶようにしましょう。他と比べて多少割高になりますが、頭皮へのダメージが少なく、毛髪にも栄養を与えることができるので育毛のためには必須のアイテムと言えます。そして、できればマー油もしくはホバオイルが入っているものを使用してください。


その理由は、洗髪してるときにオイル成分により、頭皮をオイルマッサージする効果を期待できるからです。オイルマッサージの良いところ頭皮の毛穴に詰まった汚れを取り除けますので、毛髪が成長しやすい環境になります。


ちなみに私の場合、以前はテレビコマーシャルで有名なスカルプDを使用していましたが、先ほど書いたようなオイル成分が配合されていませんでしたので、使用をやめました。決して悪くない商品なのですが、同じくらいの価格でも探せばもっと良いものは見つかります。


例えば、私はウーマ(uma)という商品です。ウーマはマー油が配合されているアミノ酸系シャンプーですので、かなりお勧めできます。スカルプDのようにテレビコマーシャルはしていませんが、その分の広告費を商品開発にかけることができているので、良い成分が含まれているんだと思います。


※こちらが私が使用しているウーマシャンプー。無色透明で泡立ちの良いですよ。
ウーマシャンプー本体

ウーマシャンプーの中身

ウーマシャンプーの泡立ち


洗いあがりの髪質もふわっとしてボューム感が出る点も嬉しいです。価格も1本がスカルプDと同じ3800円で、だいたい2ヶ月分使えますので、成分を考えると割安な商品だと思います。もし、あなたがシャンプー剤を探しているのなら、ぜひ試してみてください。


ミノキシジルの副作用が不安な方におすすめの育毛剤

チャップアップ チャップアップの効果

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ